FC2ブログ
タイトル画像

Balance of Power

2019.12.15(00:00)

Balance of Power       Balance of Power by Richard North Patterson
                                                         ¥362 + 350 (配送料)
Story's outline
An epic story that moves with force, passion, and authority,
Balance of Power begins when President Kerry Kilcannon and 
television journalist Lara Costello at last decide to marry.
But the momentous occasion is followed by an unspeakable
tragedy ― a massacre of innocents by gunfire ― that ignites
a high-stakes game of politics and legal maneuvering in the
Senate, the courtroom, and across the country, which the 
charismatic but untested young President is determined to win
at any cost.  But in the incendiary clash over gun violence and
gun rights, the cost to both Kilcannons may be even higher than 
he imagined.

P.  602

キルキャノンシリーズ 最終章。 銃規制に関する問題です。
第2話でジャーナリストの Lara を恋人と公表し、ホワイトハウスに移ったふたり
結婚することとなります。
しかし、Lara の妹 Joanには夫のDV 問題が。。。
大統領のKerry は弁護士時代にDV問題の訴訟を専門にしており、その経験から
Joan にアドバイスをし、夫には警察の監視が。。。
そんな中、招待されたLara の身内も厳重な警護の元、大統領とLara の結婚式が無事執り行われ、
Lara の母、妹Joanとその娘Marie, 末の妹 Maryは帰宅の途につきます。。。

ここら辺までは問題なく理解できたのですが。。。
この後、銃の乱射で7人が犠牲となり、犯人もその場で自殺。
使われた銃が殺戮を目的とし、使われた弾が細かく粉砕することで死亡率が高く
犯人が違法に銃の展示ショウで購入していたことから、
銃メーカーが訴えられます。
ここらあたりから、政治と全米ライフル協会が画策し。。。
大きな流れは分かっても、なぜそうなるのか理解不能となりました~。。。(-_-;)
専門過ぎて。。。

現在アメリカではトランプ大統領が罷免されるかも知れず。。
今後の展開から目が離せませんが。
彼の問題は銃問題でも、不倫でもなく、次期大統領選の対立候補バイデン氏をめぐった
ウクライナゲートです。
民主、共和共に大変なことになっているんだろうと想像します。 (゜o゜)
⇒Balance of Powerの続きを読む
スポンサーサイト




タイトル画像

Protect and Defend

2019.12.12(00:00)

review.jpg      Protect and Defend by Richard North Patterson
                                                                                                     324 + 257 ( 配送料)
Story's outline

On  a cold day in January, President-elect Kerry Kilcannon
takes the oath of office ― and within days makes his first,
most important move: appointing a new chief justice of the
Supreme Court.  Kilcannon's choice is a female judge with a
brilliant record.  And a secret.

While the Senate spars over Caroline Masters's nomination,
an inflammatory abortion rights case is making its way
toward the judge ― and will explode into the headlines.
Suddenly, the most divisive issue in America turns the
president's nomination into all-out war.  And from Judge
Masters to a conservative, war-hero senator facing a crisis
of conscience and a fifteen-year-old girl battling for her
future, no one will be safe.  Protect and Defend takes us on a
riveting journey between what is legal, what is right . . . and
the price of finally knowing the difference.

P.  587


現在、ブラジルではジカ熱の流行に伴い、小頭症の赤ちゃんが生まれる恐れから
妊娠中絶をする割合が増えてきていますが、 
カトリック信者の多いブラジル、中絶に対し大きな論議を巻き起こしています。

この作品では、15歳の少女の後期中絶手術をめぐり、少女とその両親が
法廷で争います。
このケースは、レイプや近親相姦による妊娠ではないのですが、
胎児が水頭症の恐れがあるのと、
帝王切開により少女が妊娠できなくなる可能性があるという問題に加え、
両親が敬虔なカトリック信者で中絶反対の立場をとり、少女と対立しています。

どちらの立場も十分理解できるのですが、
最終的には、
独りよがりな中絶を防止する法の判断は必要ですが、
問題は、あくまでも親となる一人一人の倫理観ではないでしょうか。

以上2016年7月のブログ内容でした。
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
2018年5月のブログ内容です。
再読です。
全体的に前回読んだ時の理解と変わりません。
問題は、法廷闘争に政治が絡みだしたところから
理解不能になってしまったことです。
キリスト教右派が支持する共和党議員との政争など
政界の裏側は私の理解の及ぶところではありません。 (-_-;)
再再読が必要かな。。。
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
再再読です。
今回はかなり内容を理解できたと思います。
最高裁初の女性長官としてキャロライン・マスターズを指名した大統領。
しかし、大統領のライバル野党共和党党首ゲイジがそれを阻止しようと画策します。
何故、共和党はキャロラインの長官指名に反対なのか。。。
長年アメリカを二分してきた中絶問題、
未成年者による中絶の場合、前期中絶手術であればどちらかの親の同意があれば、合法
しかし、この作品で問題とされている後期中絶手術は母体に生命の危険が及ばない限り禁じられ、
指名を受けたキャロラインはその法律の支持を表明しています。
なのに、何故?共和党ゲイジは執拗にキャロラインの指名に反対するのか。。。

物語が展開する中、キャロラインは15歳の少女メリーアンの後期中絶手術の裁判に関し
メリーアンを支持する声明を出します。残念ながらその経緯がいま一つ理解できず。。。(-_-;)
法律用語などで表現された声明文などは、やはり専門過ぎてわからないですね。

物語後半のキャロラインの長官就任の議会採決までの下りは、
昨年実際にトランプ大統領から長官指名されたブレット・カバノー氏のセクハラ疑惑での公聴会などを思い出され
現実、作品の内容に近い事が裏でいろいろと行われているんだと納得できました。

この次はシリーズ最終章を読みます。 (^^♪


タイトル画像

No Safe Place

2019.12.09(00:00)

NoSafePlace.jpg    No Safe Place by Richard North Patterson
                                                                  ¥233 +  257 (配送料)
Story's outline

In the high-stakes, high-pressure world of presidential politics,
where predators carry microphones and one misstep can savage
a lifetime of achievement, Kerry Kilcannon is the rarest player
of all.  Kilcannon believes he can make the system work. 
And he just may die trying.

Driven by the violent nightmare of his childhood, fueled by forces
that few could understand, and burdened by secrets no one must
know, Kilcannon is running for President ― and entering the crucial
battleground of California with seven days to go.  But for Kilcannon,
there are hurdles that his courage, charisma, and compassion may not
overcome: the network correspondent he still loves; the reporter bent
on their exposure; the rival who'll do anything to win; and the fanatic
who believes that he must murder Kilcannon to protect the right to life...

P. 509

再再読です。
主人公ケリー・キルキャノンのシリーズ3冊の最終話を購入したので
1話から読み直すことにしました。
中絶反対の射殺犯のケリーに対する憎悪が前回よくわからなかったのですが、
今回理解できました。
DV の間接的被害者であった子供が、心を開き信頼した相手がケリーだったわけですが
そのケリーに見放されたと思い再び心を閉じたまま
その子は年老いた縁戚のところへ引き取られていきましたが。。。
結婚したばかりで、さらに子供を欲しない妻、そんなケリーに何ができたでしょうか。。。
そして年月が経ち、ケリーは大統領候補となり民主党の代表選へと出馬していきます。
う~ん。 面白いです。 (^^♪
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
以下2018年5月のブログ内容です。
再読です。

若い男性が中絶クリニックで医師と看護婦、そして受付の女性3人を射殺。
その後、カリフォルニアへ向かうのですが。。。
この男性、主人公 Kerry の暗殺も企てるのですが、
何故?と疑問に思いながら読み進み。。。
なんとなく、彼とおぼしき人物が Kerry の過去に登場し、
結局、私の想像は当たっていましたが、
何故そこまで Kerry を恨んでしまった?
さらには、中絶クリニックで3人を射殺するほどの凶悪犯になってしまったのは何故?
そこの描写がいま一つ足りない感じがしました。

☆ ☆ ☆   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

以下2014年8月のブログ内容です。

全体的に大統領選に関連した内容なので
特に、選挙キャンペーンの詳細な描写はちょっと退屈でした。
でも、
要所、要所感動する場面があり、
主人公ケリー・キルキャノンの人物描写は大変面白く、読ませます。
ストーリー展開もわかり易く、
それなりに楽しめました。

ここで、この作品で最も感動した箇所をご紹介しましょう。
主人公ケリーがまだ州検察官補佐の時、
DV( Domestic Violence ) に精通していた彼にある裁判が。 
事件の詳細が不明ではピンと来ないかもしれません。
が、パターソンの作品を読むたびに公判での描写に戦慄を覚えます。

この裁判では、8歳の男の子が唯一の目撃証言者です。
彼の最終弁論を是非、読んで頂きたいです。 抜粋です。

" You are eight years old,"

" You're alone in your room.

" The apartment is dark, and your mother is drinking.  Your father is out
somewhere ― probably in a bar, you know.  You've got no one at all.

" Then you hear the front door open, and know it's your dad.

" 'Dad's home,' " " You know other boys in school who would run to the door to
give their dad a hug.  But you ― you're different.  You already know better.

"You hear his voice, and pull the covers over your head.  And then you hear your
mother scream."

" You know who your mother is, you know all her problems.  But, God help you,
you need someone in your life to love, and to love you back.

" When your mother cries out, you feel it on your skin, in your stomach. 
You're afraid to move, But you're alone, and you're afraid of having no mother.

" So you crawl out of bed and, against your will, start toward the sound of your
mother's cries."

" The living room is dark.  The only light is in the bathroom.

" You go there, hoping that no one will see you.  Afraid of what you'll see.

" What you see is your father pushing your mother down on the toilet, screaming
at her while tears run down her face."

" 'Now you can piss, Go ahead.  Do it. '"

" You shrink back in fear, But you can't stop watching.  Because they're your
father and mother, all that life has given you.

" He slaps her.  Her head hits the wall.  He slaps her again.  She falls sideways,
catching herself on the sink.  She bends over the sink, underpants around her ankles."

" And then your father takes your mother by the hair and smashes her face in the sink."

" Your mother staggers past you, Her mouth is bloody; she's spitting pieces of teeth;
your father is behind her.

" So you shrink back into the darkness.  Hide, so he can't see you.  Hide, with tears
in your eyes, unable to move or make a sound.  Hide, until your father leaves.

" Then the only person you've got in the world is lying on the living room floor,
and you're the only one to help her.

" So you go to the telephone, like they told you in school, and call 911."

" When the police come, you tell them you're afraid she's dead.  But there's something
locked inside you that you're more afraid to say.  And someone you're more afraid of than
anything in the world."

" You know what happened, You know what this man is.

" For three months, Bridget Musso has gone without a drink.  She's done her part.
You do yours."

" Protect this woman.  Protect her son."

" Please, tell John Musso that what his father did was wrong.  Tell him he was right
to save his mother."

" Tell John Musso that, like other boys, he deserves a life."


タイトル画像

Private Screening

2019.12.06(00:00)

無題    Private Screening by Richard North Patterson
                                                             ¥390  +  257(配送料
Story's outline

The nation is stunned silent when presidential hopeful
James Kilcannon is shot dead, point-blank, while sharing 
the stage at a benefit concert with his rock-star girlfriend,
Stacy Tarrant.  Fiercely independent attorney Tony Lord
defends the assassin in a sensational trial that erupts into
the media event of the decade.  But the most shocking
gambit ever witnessed in the history of television has yet 
to unfold.

As America watches, a mysterious and ruthless figure 
known only as Phoenix takes to the airwaves in the ultimate
act of high-tech terror.  Holding the wife of a wealthy 
newspaper mogul and Stacy's manager hostage, Phoenix
mounts a televised trial of his own, in which Stacy Tarrant
and Tony Lord are helpless defendants, millions of viewers
are jurors, and ― unless his chilling demands are met ―
Phoenix is the unstoppable executioner . . . 

P.  441


再読です。
やはり前回同様、殺人犯と誘拐犯の接点がつかめませんでした。
展開にはきちんとついて行けたと思うのですが。。。
そして何故誘拐事件をおこすにいたったのか?
その背景を読み落としてしまったのか?
腑に落ちない点がある分、この作品に高い評価をつけれません。 (-_-;)
2つの事件の絡ませかたはさすがと思うのですが。。。
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
以下2018年4月のブログ内容です。
既読の作品の主人公 トニー・ロード が登場します。
同様に他の作品に登場するケリー・キルキャノン、
1年前、彼の兄ジェームスが大統領選のキャンペーン中に殺害されます。
その犯人をトミーが弁護することになったのですが。。。

そして、現在ジェームスの恋人だったロック歌手スティシーのマネージャーと
新聞社主の妻が誘拐され、犯人はTV報道で要求を伝えてきました。

二つの事件が複雑に絡み合っていて面白いのですが、
射殺犯を弁護したトニー。
この場面ではベトナム戦争帰還兵が抱えている問題を浮き彫りにし
とても読みごたえがあります。
が、
誘拐犯とこの射殺犯との関係がいまひとつわからず。。。
再読の必要があり。  "(-""-)"

タイトル画像

In this shirt

2019.12.03(00:00)


     I am lost in a rainbow
     Now our rainbow is gone
     Overcast by your shadow
     As our worlds move on

     In this shirt I can be you
     To be near you for a while
     In this shirt I can be you
     To be near you for a while

     There's a crane knocking down
     All these things that we were
     I awake in the night to
     Hear the engines pout

     There's a pain it does ripple
     Through my frame makes me lame
     There's a thorn in my side
     It's the shape it's the prize

     Of you and me ever changing
     Moving on now moving fast
     And this touch must be wanting
     Must become free to act

     But I mean jape to tell you
     That I love you and never rash
     And I bled everyday now
     For a year for a year

     I did send you a note
     On the wind for to read
     Our names there together
     Must've fallen like the sea

     To depths of the soil
     Buried deep in the ground
     On the wind I can hear you
     Call my name held the sound

     I am lost
     I am lost in a rainbow
     No a rainbow is gone
     I am lost in a rainbow
     No a rainbow is gone

     I am lost, I am lost
     I am lost, I am lost
     I am lost


心を締め付けられるような。。。
この曲、2019年フィギュアスケートNHK杯に出演した山本草太さんが、フリーで使っていましたね。

こちらの動画はスペイン映画「その愛を走れ」是非機会があれば鑑賞したいです。 (^^♪

最近の記事

  1. Balance of Power(12/15)
  2. Protect and Defend(12/12)
  3. No Safe Place(12/09)
  4. Private Screening(12/06)
  5. In this shirt(12/03)
次のページ